愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

大きいiPhoneが欲しいなら、iPhone 6(ノーマル) よりiPhone 6 Plusがいいと思う

iPhone

iPhone 6(ノーマル)。約半年使ってみましたが……慣れません。

フラストレーションがたまるばかり。

何が嫌って、デカすぎて片手操作できないこと。イライラしてしょうがありません。アップル製品でこれほどフラストレーションがたまるのは初めてです。

iPhone 6はメディアで絶賛ばかりされてますが、批判されていても、カメラレンズの出っ張りとか、デザインが変とかその程度ですが、あのデカさは誰も気になっていないのでしょうか?

 

そりゃ、世の中の趨勢がでかいスマホに移っているのは理解してますし、過去最高の売上になったのもおめでとさんって感じですが、従来のiPhoneユーザーはデカイのなんて求めてない……のはぼくだけかなぁ?(ToT)

なんかもう、従来ファンは切り捨てられた、って気分なんですが。

iPhone 6s では元のサイズも出るという噂ですが、であれば最初から3サイズ揃えてほしかった……。まぁ「ぼくはでかいスマホは嫌い」ということが分かっただけでもよしとしますか。

 

とにもかくにも、iPhone 6(ノーマル)はすごく中途半端だと思う。

iPhone 6 Plusは使ってないけど「iPhone、もう一回り大きければなぁ」と思って使っていた人・それが理由で買い控えていた人は iPhone 6 Plus のほうがいいかもです。

iPhone 6 (ノーマル)は、片手で操作するのは無理があります。ぼくは身長180cm、体重……kgという「欧米か!」(古い)的体格で、必然的に手のひらもデカいわけですが、片手でフリップ入力してると、たまに、手のひらがキーボードに触れて誤操作してしまいます。

それほどに、片手操作は難しい。

ホームボタンをダブルタップで画面を下にずらしても、画面の上ボタンには指が届かないですし。

けっきょく、両手操作せざるをえない。

そのくせ、画面が大きいから見やすいかというと、そんなことないのです。iPhone 5がちょっとだけ大きくなった程度だから、実感として、見やすくなったとも思えません。文章が2〜3行、余計に表示できるようになった程度ですよ、これでは。

ちなみに、バッテリーの持ちも良くない。iPhone 5は、ぼくの使い方なら3〜4日は保ちました。2年たって摩耗しても2日は保った。

なのにiPhone 6(ノーマル)は最初からMax2日。デカくなったらバッテリーがもっと保つかと思いきや。消費電力も大きくなってマイナスですわ。

iPhoneがデカくなることを待望していたユーザーは、ゲームするとか、タブレットは使わずにスマホ1台で間に合わせたいとか、そんな理由だと思います。

ということは最初っから片手操作は期待していないでしょうから、であるならばPlusのほうがいいと思うんですよね。

友人にPlusを見せてもらいましたが、あれは確かにデカい! ちょっとしたタブレットか!?ってくらいにデカかった。

あれならば、ゲームとかもやりやすいかもしれません。逆にあのくらいの大きさのほうが、ゲーム中、手が疲れなくていいかもね(iPad miniは長時間持ってると手が疲れます)。

画面サイズは、ポータブルゲーム機とほぼ同じとのことでしたし。iPhoneをパコッとはめ込めるタイプのコントローラーとか出てそうだし。

 

そんなわけで、次の買い換えまでには、iPhone 5の大きさも出して欲しいと思う今日この頃なのでした。