愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

必要性が先に来る性格

米アップルが電気自動車を開発、日産自・テスラに対抗=WSJ

へぇ。

まったくもってどうでもいいことですが、ぼくという人間は、必要性が先にくる人間なので、個人的に必要ないものは買おうとしません。

先輩曰く、こういう買い物の仕方、珍しいそうな?

ちなみにマンガやアニメやラノベは、ぼくにとって衣食住に次いで必要なものだから? amazonをやたら利用するのもしょうがないというか?

 

で、iPhoneは『手のひらの中にインターネット』は今後必須だと思ったので即買いましたが、iPadはしばらく見送っていました。

でも震災で本棚が倒壊してエライ目にあってから、書籍自炊を始めた途端にiPadを買いました。

裁断機にドキュメントスキャナにiPadにとえらい出費だったけど、その後、都内で書籍を保存し続ける場所代を考えたら、あっという間にペイしたと思います。

アップルウォッチは、今のところ必要性が見いだせないので購入する気ゼロ。アップルウォッチ出すよりも、iPhoneを元のサイズに戻せーーー!!! って感じなのです。

 

ということでアップル製の自動車。

まぁ本当に出るか分からないけれど、都内に住んでいる限り必要ないのでほしくありません。デジタル機器と違って、車は維持費半端ないよ……(ToT)

絶対に事故らない自動運転機能とか、絶対に渋滞につかまらないナビ機能とか、電気消費量が従来の100分の1になってるとか、折りたたんで収納できるとかはさすがにドラいもんって感じだから駐車場代はアップルが負担してくれるとか、そこまでの自動車だったら欲しくなるけど。

ま、アメリカは広大だといいますからねぇ。車は必須なのでしょう。ニッポンも、うちの実家(いわゆる地方都市)ですら車がなくちゃ生活できないと親がいいますし。ぼくは実家に帰っても車必要ないけどなぁ?

 

ぴーえす。

去年購入したモノ(デジタル機器以外も含めて)で、一番よかったのはMacBook Proでした。後数年したら、いまのMacBook Pro並にAirの性能がアップするでしょうから、そしたらAirに切り替えるつもり。楽しみ。できればMacBook airは15インチも出してほしいところですが。

で、一番ひどかったモノは、iPhone 6。でかいよ! でかすぎるんだよ!? やっぱり片手で操作できないじゃん!

まぁそんなわけで、いずれにしてもアップルなのですね。