愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

Apple Watchでヘルスケア

Apple Watch(アップル・ウォッチ)──あのちっこいデバイスで、いったい何ができるのか?

結局アクセサリーでしかないのならデジタルの意味がない、ということで、Apple Watchでこんなコトができれば買いだなぁ、という妄想を膨らませてみました。

 

Apple Watchのメイン用途は、ヘルスケアのようです。

健康管理……大事ではありますが緊急性が小さいのです。

緊急性が小さいとあんまりほしくなりません。

つまり、管理ではダメなのです。アナライズではなくソリューションが必要なのです。

そこで……

 

身につけているだけで必ず痩せられる腕時計!!!

これなら定価が218万円だって買いますよ! ローンで。

 

どうやって痩せさせるのかは知りませんが(^^;……まぁ現実的にはレコーディングダイエット? でもレコーディング程度では買わないなぁ。

飛躍すると……汗の成分を分析して食べ過ぎ前に警告してくれるとか。

ギャグにすると……食べ過ぎたら電撃を流されるとか(爆)

あ、脂肪を燃やす弱電流が流れっぱなしとか!

まぁ、身につけているだけで痩せる触れ込みの健康グッズは掃いて捨てるほどありますが(^^;

 

とにもかくにも、『ならではの用途』がないと欲しくない今日この頃なのでした。

ほしくなるような素晴らしい必要性を打ち出してほしいですね。

時間を見るだけなら、もっといい時計が山ほどあるカテゴリーですし、スマホで間に合いますから。