愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

Apple Watchって恥ずかしくない?

ついにアップルが腕時計端末を出してきました。いわゆるウエアラブル端末です。

AplWatch-ClockUtility-PR-PRINT

Apple Watch (アップル ウォッチ)

できることを大分類すると──

  • 時計機能(そりゃそうだ)
  • ヘルスケア機能(脈を測ったり)
  • iPhoneの出先機能(着信があればぶるったり)

──ということだと理解しました。下馬評通りですね。

で……これ、必要なの?

デジタルツールをすべてアップル製で固めている自分ですが、とくにほしくないなぁ?

まぁ、ぼくのモノの買い方が『必要かどうか?』が第一優先なので、一般的な購買行動から外れているのかもしれませんが。友人いわく「お前のモノの買い方は変わってる」そうで。

でも、純粋に『道具』として見れば、Apple Watchは、デジタルライフを満喫するのにも、どれも必須の機能ってわけではないですよねぇ?

 

iPhoneやiPadがすごかったのは

iPhoneが革新的だったのは、ネットを机の上から解放したことだったと思います。いわゆる『手のひらの中にインターネット』ですね。

日本にはiモードがありましたが、あれは様々な制約がありましたから、そこの隙をついたといってもいいでしょう。

 

それに続くiPadもけっこう革新的だったのは、パソコンを机の上から切り離したこと。

これにより『PDFをソファで読む』『ニコ動をゴロ寝して見る』ことも可能となりました。(まぁ最初はflash禁止されて難儀しましたが)

 

なぜ、Apple Watchに恥ずかしさを覚えるのか?

しかしApple Watchは、iPhoneやiPadのような革新性がぼくにはよく分かりません。iPhoneを、小さくして腕の上にのっけただけのような……。

ではアクセサリーとしてはどうなのか? つまり実用性を考慮しないならどうなのか? 腕時計は、いまや道具ではなくアクセサリーですし。

しかし、アクセサリーとしてApple Watchを付けるとなると……なんかアップル信者だと触れ回っているようで恥ずかしい……

 

ぼくのばやい、喫茶店でMacを広げることで優越感に浸れる性格です。

iPhoneをいち早く買ったときも、友人知人みんながこぞって見たがりました。iPadにしてもしかり。持っているだけで人気者に!

そんなミーハーなぼくが、なぜ、Apple Watchを身につけるのに恥ずかしさを覚えるのか?

ちなみに、Appleユーザーの友達にも聞いてみたところ、やっぱり「恥ずかしい」と答えました。

 

Apple Watchに恥ずかしさを覚える原因──それは『腕時計』という製品カテゴリーのファッション性が桁外れだから、ではないでしょうか?

つまりアクセサリーとしての時計のレベルがあまりに洗練されているため、IT業界内では「カッコイイ」とされていたAppleといえど、本家本物のファッション業界にはまだ遠く及ばない、と。

だってそもそも、IT業界は『ださい』『ひどい』『分からない』の3拍子ですからね、未だに。

Macの競合は、あの残念なWinだったからこそ、洗練されたデザイン性が際立ったわけです。

が、しかし、もともとデザインが洗練されている製品カテゴリーの中に飛び込んだら……さほどカッコイイとも思えないわけで。

たとえるなら、とてつもないCGでゲーマーを圧倒したファイナル○ァンタジーが、フルCG映画になったら……大変残念だったように。(まぁアレはいろんな意味で残念でしたが)

 

けっきょく、Apple Watchは買いなのか?

そうなると──

  • よほど健康に気を遣っている人
  • 着信あったら必ず電話出ねばならない人(営業マンとか?)
  • アップル製品ならとにかく買う人

──このくらいしか用途思い浮かばないんだけどなぁ?

つまり『アップル製品ならとにかく買う人』しか買わない気がするんだけどなぁ?

まぁそれでも、数百万個は売れるでしょうけれども、iPhoneやiPadが作ったような、新しい製品カテゴリーの創出までには至らないんじゃないかなと。

まぁ、ライフスタイルを一変させるような用途が思いついた・提案されたなら、ぼくのことだからとたんにほしくなるのですが、現状の『ちょっと恥ずかしいデザインの腕時計』ではあんまり食指が動きません。

 

ウエアラブルよりクラウドを

そもそも論として、ウエアラブルという構想自体がけっこうむづかしいと思うけどなぁ。立体映像が実用化しないかぎり。

 

今後のアップルに期待したいのは、ハードではなくソフトのほうです。

一にも二にも、PCとモバイルの、よりいっそうの融合です。

クラウドで何でもかんでもすべて繋げて、いっそ、MacもiPhoneもクラウドの覗き窓のような使い勝手にしてほしいです。

「Macのあのデータ、iPhoneにコピーしてなかった!」とか、

「Macのあの書類、iPadでも編集できたらいいのに」とか、

そういう悩みを解決してほしいわけです。

ドキュメントはもちろん、アプリもすべてクラウドに上がってて共通化されて、いつでもどこでもどんなときでも、回線さえあれば作業ができる……そんな環境を早く作って欲しいのです。

徹底的に実用性重視ですね、発想が(^^;

でも、そうでないとGoogleにやられちゃう気がしますが……。

 

まー、とにもかくにもApple Watchの売れ行きを影ながら見守っていたいと思います。