愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

自炊愛好家の本の買い方

140517

それは昨夜、出先から帰宅途中の出来事でした。

amazonで、日用雑貨と同梱買いした『姉ログ』第一巻が面白くて、週末のお供にしようと駅ビルの書店に入りました。

いやぁ、本屋さんくるの久しぶり。本はめっちゃ買ってるけど。

『姉ログ』の既刊本がすべて揃っててホクホク顔でレジに向かいます。さすがのamazonも一時間後に配達はしてくれないからねぇ。

そうしたらレジ脇に、面白そうな実用書が置いてありました。お値段も手頃。『書籍名』と『著者名』を確認するもその本は買わず、マンガだけ購入して店を出ます。

そんで電車の中で、さっきの実用書を電子書籍として購入!

くどいようですが電車の中、iPhoneで!

うーん、我ながらすごい時代になったものです、ってかイヤなお客ですねぇ(^^;

 

ちなみに……

なぜ、マンガは紙で買い、実用書を電子書籍で買うのかというと、マンガの電子書籍って解像度が低いんですね。amazonの容量制限のせいだと思われますが。だからRetinaディスプレイで読むと、どうにもぼやけた感じになりイヤなのです、なぜってせっかく高精細のモニターなのに!

あと以前、マンガを電子書籍で購入したら、カバー裏のオマケマンガがついていなかったことがありまして。だからマンガは紙で買い、そのほかの書籍(ラノベ含む)は電子書籍で買うという感じになってます。

しかも、買ってきたマンガは読む前 or 読んでる途中に自炊(裁断→スキャン→iPad格納)してしまいます。なんだかなぁと思わなくもないですが我ながら(^^;