愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

2013年版pagesはまたしても縦書きできず

アップル純正のワープロソフトpages。

このたび久々にバージョンアップしたというので、いよいよ縦書き実装されたか!?と思ったのですが……

……実装されず(ToT)

アップデートで実装されるといいんですが。

 

しかも、2013年10月28日現在のApp Storeにおけるpagesレビューはズタボロなので、バージョンアップするのもやめときました。

 

ところで、pagesを内包するiworkシリーズ(MSのOfficeに相当)は、無料になると聞いてたのですが、ぼくの場合は無料ではなかったです。

よぉく公式サイト見てみると、旧式のMacでは無料にしてくれないそうで。ページの一番下に薄く小さく書いてました。

↓↓↓

『Pages、Numbers、Keynoteは、2013年10月1日以降に購入された、条件を満たすMacコンピュータを対象に、Mac App Storeで無料でダウンロードできます。OS X Mavericksが必要です。アプリケーションのダウンロードにはApple IDが必要です。』

引用:http://www.apple.com/jp/creativity-apps/mac/

新機種買ったときのサービスということなのね。Mavericksを入れたらオッケーというわけではないようです。

っていうか、これじゃ普及しないじゃん。まぁ……いまさらOfficeの牙城を崩せるとも思えないですが。

閑話休題。それにしても縦書きが未実装なのは大変残念です。

基本的にはよいワープロソフトなんですが……なにしろWordだと、50ページくらい書いただけでフリーズしますし、ちょっと重いファイル(添付画像が張ってある等)だと開きもしないですし。

Word形式のファイルなのに開けず、フリーソフトのOpenOfficeなら開ける、ということもよくあります。むろんOpenOfficeなら、たかが50ページ程度でフリーズしたりしません。

なもんで、Mac版のWordは使い物にならないのです。いくらライバル会社とはいえ手を抜きすぎです。不良品です。

どぉしてもExcelが必要なので、やむを得ずOfficeは買いますが(このExcelがまたひどいんですが……)

 

まぁ、ラノベ書くのはOpenOfficeにしますかね。インターフェイスがちょっと野暮ったいけど、縦書き・ルビ・長文対応……と機能的には十分ですからねー。