愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

人類は衰退しました

バンダイチャンネルで『人類は衰退しました』というアニメを見て、絶妙な可愛らしさに心打たれて原作ラノベも読み始めました。

人類は衰退しました

ちなみに、ここでいう『可愛らしさ』というのは、女の子が可愛い、というのとちょっと違います。

このラノベ、昨今の時流からすると珍しく(?)色恋沙汰を絡めたヒロイン萌えではなく(いやヒロインも可愛いですが)、おとぎ話風のメルヘンテイストで、そこに出てくる妖精さんが可愛い、マスコット萌えなのです。

犬猫を愛でているような気分になれるので、一般の嗜好を持つ方々にもお勧めです。

先にアニメ見てからのほうが、妖精さんの可愛らしさをより想像できて、ラノベをいっそう楽しめるかと思います。

さて、ある意味ここからが本題です。

このラノベ、布団にゴロ寝してiPad miniでアニメを視聴した後、面白かったのでそのままiPad miniを使い購入しました、amazonで。

もちろん、電子書籍のほう。

購入後、Kindle Paperwhiteで読書。Kindle Paperwhiteでも買えるんですが、画面がえらくのんびりしているのでネットショッピング等には向きません。

就寝前の読書は、やはり電子ペーパーのほうがお目々と脳みそに優しい気がします。

翌朝、外出だったので朝から移動。その電車の中で、iPhone for Kindleでラノベの続きを読書。Kindle Paperwhiteで読んだページは同期取られているので、続きをスムーズみ見られます。

さらに、その電車の中で読了。2巻目を、"即、電車中で購入" して続きを読書。

面白い娯楽は時間の経つのを忘れるので、行き帰りの電車内はあっという間です。

帰ってきて一仕事終えたら、就寝前にKindle Paperwhiteでまた読書。

いやはや。

『人類は衰退しました』風にいうならば、たかが読書に文明の利器を最大限に活用してますなぁ。

それにしても、動画をゴロ寝して見るはもとより、寝たまま書籍を買えて、いわんや電車の中でも本を買え、さらには即読める時代になるとは。

子供の頃、近所の書店になかなか置かれていない人気薄なラノベを求め市内中探し回ってたころとは雲泥の差ですねぇ。