愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

MS社のSurface(サーフェス)が苦戦

マイクロソフトのタブレット・Surface(サーフェス) RT が苦戦してるそうです……まぁ、ユーザーは販売前から分かっていたといえなくもないですが……

Surface RT値下げから透ける誤算 チグハグな販売戦略、増えないアプリ…

この記事を読むと、ほんとつくづくMS社というのはヒドイなぁと。お家芸であるはずのOS開発がなんでそんなずさんなことに?

 

やはり、タブレットはビュアー端末なんでしょうね。見る・読むための端末。これで仕事をしたいとはあまり思わないのでしょう。キーボードはあってもいいと思いますが。それに本格的な仕事をするならマウスも必要ですし。

 

日本MS社長が、

「Surfaceは専用キーボードを装着すれば、使い慣れたWindowsパソコンのように使えるのが強みだ。ワードやエクセルも標準搭載しており、生産的な仕事ができるタブレットだ」

いっているようですが……

……ウルトラブック(薄型軽量PC)でよくない?

と素朴な疑問を感じます。ウルトラブックより優位な点はいったいなんなのだろう?と。

 

まぁ、タブレットがPC兼用なら、鞄が軽くなるといった利点はあるでしょうか。でもコレ、OSやタブレットの性能云々の話じゃないし……。タブレットもPCもどんどん軽量化されていくでしょうし……。

そもそも、兼用で使いたい人はiPadでもNexuでも外付けキーボード持ち歩いてるし……。

兼用で使いたい人は、サードパーティのキーボードを持ち歩く、MS Officeを使いたい人はウルトラブックを持ち歩く……Surfaceの出番があるとしたら、

『兼用で使いたくて、かつMS Officeも使いたい人』

ということになります……そんな人いるのかしら?

開発から販売までいろいろちぐはぐですし、Surface用Office製品にも漠然とした不安を感じます。Windows PCとちゃんと互換とれるの?とか。

 

どうにも、強みがよく分からないタブレットです。やはり、大胆に捨てないとちゃんと進まない、ということでしょうか。