愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

2画面スマホ『MEDIAS(メディアス) W N-05E』

2画面のスマホ『MEDIAS(メディアス) W N-05E』といふものが出るそうです。

 

うーん、微妙(^^;

 

まぁ閉じてても液晶見られるからよいといえばよいんでしょうけれど。CGを見る限りそれほど分厚くもなさそうですし。

電池消費が激しくないのかしら?

 

ただ2画面で別々のコンテンツを見る、というシーンがあまり想像できません。左はお天気で右はニュースとか?

2画面繋げて大画面化しても、真ん中のつなぎ目がジャマでしょうし、それなら小さめのタブレットでいいと思うし。

 

売れるかどうか生暖かく見守ってみたいと思います。

 

個人的には、スマホは片手で操作できるのほうが好きなんですけどねー。iPhone 5 より4以下のほうが好きです、親指で無理なく操作できるので。

ただまぁ、スマホの大画面化は主流のようですから、ここでグチグチいってても始まりません。大して不便を感じているわけでもないですし。

 

それよか、タブレットがもっともっと進化してほしいです。

最終的には、下敷きやクリアーファイルのようにペラッペラになること希望!

重さも数グラムとかその程度!

しかもRetinaディスプレイを上回る高解像度で!

お値段はもちろん安ければ安いほど良いですが。

そうしたらもはや、大きさなんてどうでもよくなります。『コンテンツを端末に合わせる』のではなく『端末をコンテンツに合わせる』というごく当たり前のことができるようになります。

図版本を読むときはA3のタブレット、小説を読むときはB6のタブレット、というように。当然、サイズ違いタブレット間で常に同期とれています。

薄くて軽ければ、バッグに数枚入れてても問題ありませんし(数え方も台ではなく枚)

 

まぁそうなると、タブレットPCというよりはタブレットモニターという感じになって、OSやらアプリやらデータやらはぜんぶクラウドに上がってる感じですかねぇ。

タブレットは、そのクラウドコンピュータを覗く“窓”のようなものです。

 

モニターをペラペラにする技術はすでに開発されているそうですし、SFじみたツールが現実化するのも夢ではありません。いずれは立体映像とか、ミノフスキードライブができるタブレットとか(爆)

ま、何にしても夢膨らみますねぇ♪(´ε` )