愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

BOOKWALKERでマンガを買ってみる

週末夜に仕事が思ったより早く終わり「本屋にいこー」と思ったんですが、うちの近所は大型書店がなく、電車で一駅移動しなくちゃいけないんです。都内なのに地元より不便……(ToT)

夕食の弁当を買いに外出はしていたものの、弁当片手に山手線で移動するのはめんどいのです。

そもそも弁当持って乗るの変だし(^^;

弁当持って書店入るのもますます変だし(゚Д゚)

で。

「あ、そうだ。BOOKWALKERで買ってみよう」

と思い立ちます。

 

BOOKWALKERは、角川グループ系の直販サイトのこと。

アプリを入れてはあったものの、今まで使ったことがなかったのですね。

PC版だとこちら

いやぁ。

文芸書や実用書などまじめな書籍も扱っているようですが、そういう一般書を求めて訪れた人は、どぉ考えても直帰しそうなTOPですねぇ。好みですけども。

 

あーゆーのが好みな人は、リアル書店の平積みコーナーを見て回っているような感覚でマンガ・ラノベをチョイスできてよいです。いやほんと、文芸書・実用書は別サイトにしたほうがよいとおもいますがまぢに(^^;

amazonにもジャンル別とランキングはありますが、ぐっと来るタイトルがいまいち見つからないんですよねぇ。amazonはやっぱり検索窓による指名買いといったところでしょうか、っていうかぼくの好みがアングラなだけか……。

 

そんで、ゴロ寝してじゃがりこをポリポリかじりながら、マンガを選びます。

リアル書店でじゃがりこをポリポリしながら書籍選んでたら店追い出されますよ! 歩く必要もないし(゚Д゚)

すごいなぁ。ますますヲタが生きやすい世の中になっていきますねぇ。

 

とまぁそんなこんなで、iPad miniに2冊ほどダウンロードして読んでみました。

あんまり面白くなかったので2巻目は買わず、別タイトルを2冊ほど。

 

いやぁ、これはやばいなぁ。『購入している』という感覚があんまりないなぁ。

フリーソフトでもダウンロードしているかの感覚で、ついつい何冊も流れ読みしてしまいそうですが、よくよく考えたら500円〜600円と紙書籍と対して変わらないんですよね。

逆によいのは、気に入ったら2冊目・3冊目とすぐに購入できることでもありますが。リアル書店だと「うあー、面白かったのに1冊しか買ってこなかったー!」と後悔すること激しいので。

 

電子マンガを購入するときは『毎週末に2冊まで!』とmyルールを決めておいたほうがよさそうです。

あるいはラノベをダウンロードするとか。ラノベなら読破まで時間かかるし、買いすぎるということもないでしょう。

2冊のマンガがいまいちだったので、その後に読んでたのはラノベでしたし。

 

ま、何にしても。

移動ゼロでカロリー消費がなくなっているのに、ながら食いでカロリー摂取。電子書籍はますます太る要因にもなりえますね!