愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

ドキュメントスキャナ ScanSnap S1500Mの後継機

おお……ドキュメントスキャナがバージョンアップしとる。

普段は目にも入らないRSSの広告で気づきました。思えばQUMARIONを買ったときもそうでした。

脳みそは、興味のある文字列はちゃんと拾ってくれるんですねぇ。

 

お値段が4900円ほど値上がりしてますが、レビューを読んでいると、旧機種S1500Mから買い換えた人も満足のクオリティのようです。

ちなみに旧機種は、Windows版/Mac版で本体が分かれてましたが、後継機iX500は一緒になってました。

 

旧機種S1500Mは、給紙スピードには今でも満足してますが、これがさらに早くなっているというのだから驚きです。

ただ紙詰まりがちょくちょく発生しますので、これがどのくらい改善されたかがポイントかなー。マンガでも、紙質によってよく詰まります。

あまりにもザラザラな紙か、カラー雑誌のようにツルツル過ぎる紙、あるいは、途中で紙質がなぜか変わる場合(途中のページだけ妙にツルツルする)ときとかは、紙詰まりを起こしたり、数枚同時に取り込んだりしてエラーでストップします。

ストップしてくれるからよいのですが。気づかずにそのままPDF化しちゃうことほぼないので。1200冊自炊処理して、ページが飛んでるのに気づいたのは2,3冊程度でした。発見できてないだけでもうちょっとあるかもだけど、二度と読まないであろう書籍も多いので、見つかってないならよしとします。

あんまり細かいこと気にしてると作業になりませんので『細かいコトは気にしない』が自炊では大切。大量の場合はなおさら。ページがちょっと斜めってるとか気になり出すと収拾つかなくなります。

ちなみに、ページが飛んでしまってたときは、改めて書籍を買いました。絶版でしたが中古本で買えました。いまや、手に入らない書籍なんてほぼないですね。

ちなみに、数枚一緒に取り込んでしまったことをドキュメントスキャナがどうして分かるのかというと、超音波で感知して止まるそうです。超音波の跳ね返り具合で厚みが分かるとか? すげぇ。

 

そんなこんなで、後継機iX500でこの辺がどのくらい改善しているかですねー。

ただ、妙に初期不良が出てるので、ちょいと時間おいてから買うかな。初回在庫がはけたあたりを狙って。 旧機種S1500Mに大きな不満があるわけでもないので。

今年はMacを新調する計画だから、そのタイミングがちょうどよいかもです。

なにせ、いまやもっとも使う周辺機器ですから。

ドキュメントスキャナがこれほど売れるようになった時代も過去にはなかったでしょうねー。

 

それにしても。

自炊してると、書籍の紙質や装丁のこだわりに詳しくなるというこの皮肉(゚Д゚)

なんだかなぁって気がしなくもないです。