愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

Time Machine(タイムマシン)用に外付けHDDを買ったら

ところで、MacのTime Machine(タイムマシン)はすばらしいです!

今さらですが。

 

Time Machineとは、Mac OS X v10.5以降に標準搭載されているバックアップソフトで、平たくいうと、1時間毎にバックアップを行ってくれるソフトです。

しかも、バックアップファイルを1時間毎に遡れるというスグレモノ!

こんな感じ。

3時間前のファイルも簡単に取り出せます。

 

Macが急に立ち上がらなくなったときはもちろん、不意に、データを元に戻したいときには大変重宝します。

サイト制作をやっていると、

「あ、やっべ! このページを元に戻したい!」とか

「いろいろCSSを書いたけど、やっぱり昨日の状態に戻したい」とか、

そういうことがちょくちょく起こるのですが(ぼくだけ?)、そいういうときにTime Capsuleを使えば、ちょいちょいと、1時間前のデータでもおとといのデータでも取り出せるという寸法です!

だから、バックアップソフトなのに度々お世話になっている大変ありがたいソフトなのです。

 

ただし、1つデメリットがありまして。

Time Machine用に作られたはずのTime Capsule(タイムカプセル)だと、頻繁にバックアップファイル丸ごと壊れてしまうのです(゚Д゚)

ちなみに、名称が似通っているので念のため説明をば。

↓↓↓

  • Time Machine(タイムマシン)……バックアップ用ソフト
  • Time Capsule(タイムカプセル)……HDD一体型無線LAN装置

 

無線LANの影響ですかね? 無線でデータ送受信するには、データ量があまりにも大きすぎて細かなノイズが入ってしまうとか。

なので最近、USBの外付けHDDを新調しまして、その外付けHDDをTime Machine専用ディスクとしました。

外付けHDDは、なるべく大容量でなるべく安いヤツがよいでしょう。機種やメーカーはなんでもいいかと。2TBくらいないと、Time Machineのバックアップはすぐ一杯になってしまいます。

USBだと遅いかな、とも思ったんですが杞憂でした。無線LANよりサクサク動きます。

 

外付けHDDを導入することで、Time Machineが壊れずサクサク使えるようになりました。

何よりも、この安心感が代え難いんですよね〜。