愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

au版 iPhone 5:留守番電話に転送したいとき→機内モード

au版 iPhone 5で、留守番電話に転送する方法が分からず苦労しておりましたが、最近、その方法が分かりました。

まず結論:転送できない(゚Д゚)

ぼくはSoftBankからの乗り換え組ですが、SoftBankには留守番電話サービスに転送するボタンが付いてたんですよね。ガラケーの場合ですが。

電車内や打ち合わせ時に留守電転送ボタンは便利だったので、auにもあるものとばかり思ってましたが……。

どうやらないっぽいです。

だから、一工夫して留守番電話状態にする必要があります。

 

au版 iPhone 5:留守番電話に転送したいとき

まず何よりも真っ先に気づくのが、iPhone 5 で電話を着信したとき。

『拒否』のボタンが出てくるのでコレを押すのかと思いきや、

『こちらはauです。おかけになった電話をお呼びしましたがお出になりません』

とのアナウンスだけ。

『拒否』ボタンの割り当てを留守電に変えられるかどうかauに聞いてみたところ、不可とのこと。

うーむ。

あとは電源落とすくらいしかないのですが、それはめんどい。

 

au版 iPhone 5:留守番電話に転送したいとき

そこで、いろいろググった結果『機内モード』を使うのが吉と出ました。

設定アイコン>機内モードのスライドをオン

これで機内モードになります。

 

『機内モード』は、相手が留守番電話に録音しなかった場合でもメッセージで着信のお知らせを送信してくれます。相手の電話番号も。

『機内モード』解除後、1分弱で『メッセージ』アイコンに受信が入るという流れです。

着信があるかすぐ知りたい場合は『141』に電話すれば自動音声が教えてくれます。

 

というわけで、かなり使える機内モード。

機内でなくても機内モード。個人的には居留守モードと呼んでいます(爆)

解除し忘れには気をつけましょ〜。