愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPhone 3のレビューを振り返る

今年の8月からこっち、旧ブログからこの新ブログにエントリーをこつこつ移転中なのですが(なにせ1500ページはあるから時間かかります)、2008年に書いたiPhone 3のレビューを発見!

なつかしー(^^)

 

iPhone 3は、本体スペックもネットインフラも激遅だったもので、『高価なおもちゃ』とさんざ酷評してます。

にもかかわらず、本人的には気に入ってたようで。我がことながら。

やっぱり当時から、デザインとインターフェースが大のお気に入り。とことん"面食い"です。

iPhone 3とiPhone 5を比べると、持ちやすさはiPhone 3の、あの丸っこい筐体のほうが手にフィットしてましたけどね。机から持ち上げるときも、iPhone 5は、とっかかりがないので持ち上げにくいし。

ちなみにiPhone 4は、「実用にはまだ耐えないだろう」と思い見送ったわけです。

 

あれから4年。

iPhoneはフリーズせずにサクサク動くようになり、都内ではLTEでかなりの速度が出るようになりました。auに乗り換えた影響か3Gもそれなりに使えます。

いわんやテザリングでネット接続できる日がこようとは。

4年の歳月は、ぼくとしては意外と時間がかかったという感じですが、世の中スマホが主流になるとは、当時のスペックからでは思いもよりませんでした。