愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPhone 5 レビュー:Retina(レティナ)ディスプレイでアニメを見る

iPhone 5 のRetina(レティナ)ディスプレイでアニメも見ました!

すっげーキレイ!

キャラの境界線がハッキリくっきりクリアーに見えます。バックでこちょこちょ動いているキャラの顔とか、iPad 2(Retinaディスプレイ未搭載) でもつぶれてしまうのに、小さなiPhone 5 でちゃんと表情が見分けられるのです。

あと色彩もたいへん豊かに表現されています。

 

なぜわざわざ、小さなiPhone 5 の画面で見るのか? それはもちろん、ベッドでゴロ寝して見るためです。ゴロ寝視聴はiPadよりいいですね。何しろ指が疲れないし。

小さな画面も目に近づければ大画面! ヘッドマウントディスプレイの要領です。ましてや、Retinaディスプレイで隅から隅まで潰れず描画できるのであれば、大画面テレビはもはやいらないのではないか!?

大型テレビは、まず設置する部屋が必要だし、場所取るし、リラックスして見たいならソファも必要だし……で、設備投資が半端ないです。その点、iPhone 5 & Retinaディスプレイなら、布団1枚でリラックス空間に早変わり!

まぁ、どこまでもお一人様仕様ですが(ToT)

 

iPhone 5 でアニメ見ているうちに妙に納得したことがあって、それは、アップルは着眼点が違うなぁということ。

デジタル機器メーカーが液晶を大型化し続けてたころ(そして軒並み赤字に)、アップルは、小さな画面で大画面以上の高精細を考案した、ということでしょうか。真逆の発想ですね。

 

Retinaディスプレイは、店頭で見たときはさほど違いが分からず、結果それほど興味がなかったのですが、よく見るコンテンツだと違いが一目瞭然でした。びっくり。

ちなみにRetinaとは網膜という意味だそうです。