愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPhone 5 レビュー:リマインダーの使い方→アイディア帳に最適

iPhone 5 で便利だなと思ったアプリはリマインダーです。

いわゆるToDoリストですね。詳しくはアップルサイトで

 

仕事もToDoリストで管理してますが、ぼくのToDoリストは複雑怪奇すぎて、リマインダーには収まりきらずpagesを使ってます。

ちなみにpagesはワープロソフトです、アップル製の。Wordより、起動がダ・ン・チ・ガ・イに速いので重宝しております。テキストエディタのような起動速度なのに文字色が変更できるので。

まぁ普及してないので、自分用のファイルのみですけどねぇ(ToT) どうして、Wordなんて欠陥商品が広まったのだろう?(原稿100枚程度でフリーズするようなワープロはワープロではない!)

 

iPad2にもリマインダーは入っているものの、ワープロのようなフリーレイアウトのほうが使い勝手がよかったので使ってなかったんですよね。

しかし、手のひらの中にリマインダーがあると話が変わることに気づきまして。

 

結論をいえば、リマインダーはアイディア帳として使うようになりました。あとはそのうちやればいいリストとか、買い物リストとかも入っておりますが、何よりもアイディア帳として使えるのが嬉しい。

たとえばこのエントリーもそう。就寝前に「あ、ブログでリマインダーのこと書こう」と思いついたら、枕元にあるiPhone 5 を手に取ってリマインダーを起動。そしてさっとメモしておきます。

この使い方がすごくよい!

従来はメールを使っておりましたが、メールは、一度開くと読み込みが発生するのでワンテンポ遅れるし、そもそも、日々大量のメールを送受信している身としては、オフタイムに未処理メールをさまざまと見せつけられるのが微妙にイヤでして(^^;

それにメールだと、PCで受信したら、仕事用のToDoリストに書き込まねば忘れます。これがまた大量にリストあるので、私事をあんまり書き込みたくないんですよね。リストを増やしたくないのと、書いても埋もれてしまうのとで。

っていうか、いつからこんな仕事するようになったのか……? 実家でぬくぬくしてたころが懐かしい(ToT)

ちなみに、メモアプリ(黄色いヤツ)という選択もありますが、ぼくの場合、メモはストックしておきたい情報を入れているので、常に入れ替わるToDoリストのようなフロー情報を入れておくと見づらくって。

 

そこでリマインダーなのです。仕事用ToDoリストに書き込むほどではないけれど、そのうちやりたいことやアイディアなどを記入しておくのには最適です。まさに、リマインダーですが(^^;

あとリストがたまっても、常日頃、目にするわけではないのでプレッシャーないです。やらねばならないリストではなく、そのうちやるリスト、またはやりたいリストなので。

処理ったらチェック入れて消すのも気持ちいいです。脳みそ的には、こういう些細すぎるご褒美も行動の一助になるそうですし。

 

さらに、ぼくはiPhone 5 でのタイピングが遅いので、リマインダーの入力にはsiri(シリ)を使っています。音声認識ソフトですね。

寝しなにsiriで「トイレットペーパーを買ってくる」とか入力するのはすごく便利。タイピング遅いのもイライラする原因だし。しかも、意外にもけっこう認識できるし。

ただこれ、人がいるときにはちょいと恥ずかしいですかね? 電話かけてるフリをしながら入力するとか(^^;

 

とまぁそんなこんなで、いつなんどき何かを思いついたりメモったりしたくなるか分かりませんから、寝室でもiPhone 5 、コンビニ行くにもiPhone 5 ……と手放せなくなりました。こういうの、なんとか依存症っていうんですってねぇ。