愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

祝(?)一千冊!

切りにも切った一千冊!

裁断→スキャン→PDFの自炊書籍がついに1000冊を突破しました。

去年の地震で、本棚倒壊して事務所がとんでもないことになったのを契機に始めた『自炊』なわけですが、毎日コツコツ3〜5冊、時間にして20分ほど。大前研一さんのDVDを見ながら切ってます。勉強と整理を同時にやって時間も効率活用デス。

『自炊』始めたのが去年の4月だったから、1年と3ヶ月での快挙(?) 途中、ちょっとペース落ちたからそれがなかったら1年でだいたい1000冊ですかね?

 

っていうか。

このマンションに千冊以上の本(主にマンガ)があること自体びっくりですが……これでよーやく半分くらいでしょうか? 押し入れにまだ半分くらい眠ってて、実家に置いてきた蔵書(ほぼマンガ)まで含めたらさらに……。

 

先日、うちにきて『自炊』初体験した友人も、あまりの簡単さにびびってました。(うち、なんとかの森みたい…(^^;)

 

『プラス 断裁機』は、1000冊切ってもまだまだ切れます。切れ味が若干落ちたかなー?と思われる程度ですが(ハンドルが少し重く感じられるので)、でも切り口に支障はありません。すごい。

ドキュメントスキャナの『ScanSnap S1500M』は、こっちは早々劣化するようなパーツもないのでよく動いてます。たまに紙詰まり起こすのはご愛敬といった感じ。

トータル7万円弱の高い買い物でしたが、1000冊収納できる本棚買うより安いかなと。なにしろ収納場所は実質ゼロだし! 地震対策にもなるし! 読みたいときすぐに取り出せる(iPadに落とせる)し! なぜか、裁断作業は疲れた脳に心地よいし!

 

ま、こういうじみ〜な作業に根っから向いているというのもあるでしょうけれども(^^;