愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

Kindleに乗り換えよ

Kindle襲来間近ってことで(ようやくamazonに告知が出てきたので)、ソニーやシャープも、いよいよ、スマホやタブレットと連動するそうです。

遅いよ……って感じですが。

 

購入した電子書籍を、他ツールでも見られることは便利です。

たとえば、電子書籍端末を忘れてきても、スマホを忘れる人はそうそういないでしょうから、端末なくともいつでも読めます。糸栞が同期されているなど細部も嬉しい。

あるいは、電子ペーパーでは現状モノクロですが、タブレットで表示すればカラーで見られます。まぁこれは電子書籍の元データがカラーである必要がありますが。

とにもかくにも、まさに、いつでもどこでも読めるわけです。今後の書籍は、本棚に飾っておくだけじゃなく、アナタの隣に這いよります(゚Д゚)

 

そういう連動機能が、Kindleではフツーにできるっぽいから、ソニーもシャープも慌てて対応し始めたわけです。外圧かからないとやらない……ってのはいささか情けないですが。

 

しかし、ここでもソニーは……。(シャープのサービスは使ってないのでよく分からないので置いとくとして)

あくまでも自社端末向けに──スマホの『Xperia』やタブレットの『ソニータブレット』向けに、連動ソフトを提供するそーで。

ゆくゆくはAndroid全体で使えるようですが、iOSは、iOSのアの字すら出てきません。音楽同様、アップルには提供しない気でしょうか。連動ソフトの開発に何ヶ月もかかるわけないので、意図的にハブってるってことでしょう。

 

もーやだこの会社(ToT)

今さら、顧客に不便を強いる端末囲い込みなんてブランド価値を下げるだけでしょうに……。アップルでさえWindowsでiTunesを使えるというのに。

顧客が、そのブランドで固めるかどうかは、顧客が決めることです。好きだから自発的に同じブランドで統一するのです。会社が決めることではありません!

端末くらい自由に選ばせろー!

 

Kindleが発売した時点でiOS連動に対応していないのなら、ソニーリーダーもKindleに乗り換えです。

リーダーストアでのお買い物もしばらく様子見。今ならまだダメージ少ないし。

ソニーリーダー買っちゃったのは……まぁあの時点で電子ペーパー搭載しているのがアレだけだったんで、『資料』ということであきらめましょうかね(ToT)