愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

リーダーストアがamazonを…!

なんと、今月初めて、

リーダーストアがamazonの月間購入金額を上回りました!

※ぼくのごく個人的な支払いの話で、リーダーストアの売上とかそいういうのとはまったく関係ございませんm(_ _)m

うーむ、さすがのamazonもこれ以上出遅れるとまずいんじゃ。リーダーストアで買う癖がついちゃうよ?

 

しかも、今月はラノベばかり読んでたので、書籍代のカード支払いがぐっとお安く!

なぜかといえば、ラノベ読破はマンガより時間がかかるので、相対的に購入数が減ったわけです。1冊の代金は同じなのに、読破には3倍以上時間かかるからね。3倍楽しめた、といえなくもないかも。にしても、2万円近く違わないか…?

やっぱラノベはお得です。アニメ化されてるラノベを読んでれば、大ハズレしなくていいわぁ。

 

ところで、リーダーストアで買い貯めたラノベですが。

これ、ソニーリーダー(端末)が壊れたらどう読むんだろう…? パソコンじゃ開けないし、iPhone/iPadなどの互換性も皆無だし。

まぁ、新しいソニーリーダーを買えということなんでしょうが、ソニーがamazonに敗退したり、かつてのリブリエのように撤退したりしたら……コピーガード外してくれたりはしないよなぁ?

遙か昔のベータのような末路が待っているのかしら…ぶるぶる…

amazonが事業だけ買い取ってくれるとベストなんだけど(ソニー敗退前提なの?)

 

まぁいずれにしても『端末囲い込み戦略』はユーザーからしたら不便なだけなので、なんとかしてほしいです。

『ハリポタ』とか『大前研一通信』とかが採用している電子透かしはいいアイディアだと思うけど、これがコピーガードの代わりになるのなら、端末を制限する正当性はなくなるわけです。

この『端末囲い込み戦略』の打破は、やはり、小売りの巨人であるamazonに期待。メーカー発では、端末売りたいがためになかなかむづかしいでしょうからねぇ。