愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iTunes 10 の音楽データを外部ディスクに移すときの注意点

週末は久々の連休でした……が。

iMacのクリーンインストールをしてたら、あっというまに週末終了……。

来週末も休みで実家に行くので、来週こそのんびりすごそう(^^;

 

クリーンインストールで、前回も今回も暗礁に乗り上げるのが iTunes 10 の音楽データです。ぼくは、はじめから外部ディスクに音楽データを入れてるのですが(メインディスクはすぐいっぱいになるから)、クリーンインストールす ると、なぜか、再生回数やプレイリストやレートがなくなってしまうんですよね。

iTunesが、まっさらな初期状態に戻ってしまうのです。

あるいは『ファイル>ライブラリ>プレイリストを読み込み』をして、外部ディスクに保存してる『iTunes Music Library.xml』を読み込んでも、かなり前に先祖返りをしてしまう。(=数ヶ月前のプレイリストに戻ってしまう)

 

前回はやむを得ないので、先祖返り状態で再度プレイリストを作成していったのですが、これを修正するのががじみ〜〜〜に手間で。iPadの認証が切れてしまうのも痛い。

ちなみに、音楽データを外部ディスクに設定する方法は、アップルサイトで説明してくれてます。

iTunes for Mac:「iTunes Media」フォルダを移動する (Winはこちら)

アップルの説明通りにやっているのに、なぜプレイリストなどの各種設定が元に戻らないのか???

 

そして、半日もの悪戦苦闘の末、この原因がようやくわかったのです!

 

ぼくは、音楽データが保存されている『iTunes Mediaフォルダ』を外部ディスクに変更すれば、iTunesの各種設定もぜんぶ移動されるものだと、"思い込んでいた"のです!

『iTunes Mediaフォルダ』を変更しても、変更されるのはあくまでも音楽データ(mp3とか)"だけ"で、iTunesの各種設定は、そのまま、メインディスクに残っているのです!!

だから、『iTunes Mediaフォルダ』が入っている『iTunesフォルダ』を、そっくりそのまま外部ディスクにコピって、アップルの説明通りに設定しても、クリーンイン ストールによりメインディスクはキレイに消去されているから、iTunesのプレイリストやiPadの認証など各種設定は、もとに戻らないのです!!!

そりゃ、消えてるからね。

たしかに、アップルの説明も、『iTunes Mediaフォルダを移動する方法』を説明しているのであって、iTunesのあらゆるデータを移動するとはひとことも書かれてませんし。

 

いはぁ。思い込みとは恐ろしい(^^;

なまじ『PCなんて手足のようなもの』だと思っていると、経験から余計な解釈をしてしまうというか。「あのソフトもああだったからこのソフトもこうだろう」という感じで。

そうはいっても経験を帳消しにすることはできないので、今後は、プログラムの背景にある設計思想なるものまで読み解くほどの達人を目指します(゚Д゚)

 

で。困ったことが一つ。

iTunesのすべてのデータは外部ディスクに保存されているものと思い込んでいたので、設定情報等はバックアップとってません。

でも大丈夫。

こんなことも起こりうるので、バックアップは、なんと、三重にとってあるのです! 外部ディスクとMacBook Proのデータ(同期済み)とTime Machineとに。この辺は、過去のあらゆる苦い経験がものをいってますねぇ。

で、iTunesの設定情報が入っているのはTime Machineです。いやぁ、あぶないあぶない。

なのでTime Machineを起動してみたら。

あれ? Time Machineの中身が空です。しかし元データ(ファイルの塊)はあります。

なんと!? クリーンインストールをしたら、元データの中に入れないとな!?

いやいや待て待て。そうであるならば、Time Machineの意味がないだろう? 何か方法があるはず……と考えつつ夕食の弁当を買いに出かけて、歩いている間に気づきました。

『移行アシスタント』を使うとかクリーンインストール後の最初の画面に書いてあったっけ! よく思い出した自分!

で、『アプリケーション>ユーティリティ>移行アシスタント』を立ち上げて、Time Machineを復帰するボタンを押す。最初、どこに復帰されるのかわからなかったけど、どうもTime Machineの中に復帰するようです? (この辺、よく確かめなかったので移行アシスタント使う方は調べてください)

とにもかくにもTime Machineが使えるようになったので、これでようやくiTunesの設定情報が取り出せると思いきや。

 

Time Machineに入っても、過去データねぇじゃん!?

なんで……? 移行アシスタント使えば過去データ取り出せるんじゃないの??? いやいや待て待て。ここで取り出せないのであれば、移行アシスタントも意味ないじゃん。何かが間違っているはず……。

そうしてTime Machineをいじることしばし。原因がわかりました。

クリーンインストール前は、ユーザー名を『sak01』としていたんですが、クリーンインストール後は、『sasaki』に変更したのです。

だから、今日の『iTunesフォルダ』を開いて過去に遡ろうとしても、今日のフォルダは『sasaki』配下のフォルダあり、過去に『sasaki』フォルダはないわけですから、遡ることはできません。

こういうときは、いったん、ルート(一番上階層)の『Macintosh HD』まで上がって、ここで時間を遡らせて、そこから『iTunesフォルダ』にアクセスすると……あら不思議。過去のデータを発見。

iTunesがめでたく復帰しました。

 

『Macintosh HD』は名称かわらずずっとあるので、どの日であろうとどのフォルダであろうとアクセスできます。

しかし『sasakiフォルダ』は今日から存在するので、過去にはありません。だから『iTunesフォルダ』から遡れない。

また『sak01フォルダ』は昨日消しているので、『iTunesフォルダ』を起点に『sak01フォルダ』へ遡ることもできません。消えてるから。

だから一度、ルートの『Macintosh HD』に戻って、アクセスし直す必要があったのです。

……まわりくどい……

これだから融通の利かないイチゼロ世界のコンピュータは。少しは気を利かせてほしいものです。

まぁ単純に『Time Machineでファイルが見つからないときは、いちどMacintosh HDまで上がって、そこから(時間を)遡ってみる』と覚えておけばいいかなと。

 

というわけで。

こんなことをえんえんと試行錯誤していたら、週末があっという間につぶれてしまいましたとさ(ToT)