愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

格安Windows PCの実力は……!

3万5000円で購入した爆安Windows PC(LenovoのG570)、驚愕のクオリティです。

予想よりも悪かった、という意味で……

モニターの発色が悪すぎ

よもや、10.5インチのサブモニターより発色悪いとは思いませんでした。

ぶっちゃけ、色、見えません。

キーボード打ちにくすぎ

タイピング感覚が違うのはおいといても、エンターキー小さすぎだから!

しかも、バックスペースキーの隣にNumLockを間隔も空けずに配置すな!!

これの設計者、どう考えても自分で使ったことないよね?

動きにぶすぎ

きょうび、ブラウジングするだけでじーっと待つようなことがあるとは思いもよりませんでした。いわんや、ブラウザを6個同時に立ち上げたら数分間うごきまへん。

やたら汚れる

筐体に指紋がバシバシつきます。iPadの画面か!? って突っ込みたくなるくらいに。あとなぜか、画面の縁が白い粉を吹きます。……ほんとなぜに? 埃が付着してるのかしら?? 静電気で???

まとめ

いくら3.5万円とはいえ、これって、実用性ゼロなんじゃあ……?

まぁ、制作したサイトのレイアウトを確認するだけならギリギリ使用に耐えうるかって感じ。できれば、もうちょいマトモに動くのがほしいですが。

さすがに、Windowsが悪いというよりはPCのスペックが追いついていない感じですかね。ただでさえスペックを食うWinだからなおさら。

たしかに、苦労して開発したOSを、こんなマシンに入れられたら故ジョブズ氏は怒りで脳みそが煮沸するかもねぇ。アップルが一元管理したくなる気持ちも分からなくはないです。