愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

電子書籍の端末は数種類あっていいかも

前にも書いたかもですが、Kindleやソニーリーダーなどの電子書籍端末は、数種類あってもいいかもです。

なぜなら、そもそもの書籍の大きさがいろいろあるから。大型本から文庫まで。

音楽プレーヤーは1つあれば十分なのは、音楽に『大きさ』は関係ないからで。あ、でも『音質』は関係あるから、室内ではちゃんとしたオーディオセットを持っている人はけっこう多いですし、そういう意味ではやっぱり複数の再生端末を所持してますよね。

 

文庫はともかく、大型本・変形本などはコンテンツに応じて書籍サイズを変えてきたわけで、今後、電子書籍端末に合わせてコンテンツのほうを変えねばならない、というのはちょっと忍びないかなぁと。

いわば、今までは『三段重ねのケーキ作ったから、これが入る箱を用意』してたのが、今後は『縦横15cmの箱しかないから、これに合わせてケーキ作る』という感じになってしまいます。(なぜケーキ?)

あと、ソニーやらamazonやらで、入手できる書籍が微妙に違ってしまうかも?(これは是正してほしいけどね……)

 

そうしたら、

◆ソニーリーダー 小

『外出時の使用』『文庫』『一般的なサイズの書籍』など。

◆Kindle 大

『大型本』『自炊書籍』『マンガ』『amazonでしか入手できないマニアックな本』など。

◆iPad

『雑誌』『図解が豊富な技術書』など。何しろスクロールが早くてカラー表示ですし。

などと、コンテンツに応じて端末使い分けていく感じ。栞機能など同期取れたらベストだけど。

ぼくはソニーリーダーもiPadも持ってるのでこんな感じですが、『Kindle 小』『Kindle 大』『Kindle タブレット』とKindleづくしでもいいでしょう。そしたら音楽までKindleで買っちゃう?

ただ、万が一amazonが普及にしくじったらヤバイけど。ベータ買っちゃった(゚Д゚) みたいな。

 

パソコンの中の整理整頓も、『ソニーリーダー』『Kindle & 自炊書籍』『iPad』などに分けておく……と。ほんとは一つのフォルダにまとめられたらベストなんだけど、規格が違うからやむを得ません。

で、お部屋の本棚には、ソニーリーダーとKindleとiPadと、そして自炊待ちの紙書籍が収納されていると。

おお……お部屋すっきり(^^)

 

っていうかKindleはいつになったら販売なのかしらん?