愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPad2レビュー│ファイルの同期

iPad2は画面領域が広いので、見るだけでなく、書いたり編集したりの出力作業もできそうなんですが、そうなると問題になってくるのがコンピュータ間の同期です。

iMacで書いた文章の続きをiPad2で書きたい……という感じ。

まぁ、メールで送るってのがいちばん確実な同期方法ですが、もうちょい自動化できないものかといろいろ考えてみました。

 

[用意するソフト]

◆グッドシンク

iMac側の同期ソフト。

◆iDisk

クラウドとして使うネット上のファイルサーバー。

ドロップボックスなど他のサーバーでもいいかと。

◆pages for iPad

pagesだと、iDiskからファイルを直接取り出せるので便利。

ワープロやテキストエディタで、ファイルサーバーからファイルを取り出せるモノ・取り出せないモノ分かれるようで気をつけましょう。

最初購入した350円のテキストエディタは取り出せませんでした。(ToT)

 

[手順]

1.同期したいファイルを選別

あらゆるファイルを同期取ってたらエライ時間かかりますから、iPad2で編集したいファイルを選んで、『同期フォルダ』や『共有フォルダ』などと銘打ったフォルダに格納します。

 

2.同期ソフト『グッドシンク』自動同期の設定

グッドシンクを立ち上げたタイミングと、ファイルを上書き保存したタイミングとで自動同期を設定します。

さらに、iMacログイン時にグッドシンクを立ち上げる設定に。

こうすることで、iMacが立ち上がったときに、iPadで編集したファイルを自動ダウンロードされます。そしてiMacで編集したファイルは、上書き保存時に自動アップロードされる……という寸法です。

 

3.iPadで編集が終わったら

iPad側では、今のところ自動同期とってくれるソフトが見つからないので手動になりますが、メール添付よりはラクになるかなと。

pagesを開く>左上『+』ボタン>iDisk>フォルダを開く>iMacで自動同期されているファイルを開く

以上の手順で、ファイルのダウンロードが始まります。

編集し終わったら、iDiskへアップロード。以下の手順です。

pages右上のスパナマーク>共有とプリント>iDiskにコピー>フォーマットを選択>保存してたフォルダに上書きコピー>pagesのファイルは削除

最後の『pagesのファイルを削除』は、次回ダウンロードするときに、紛らわしくないようするため。ネットにあげたので削除しても問題ないです。

 

文章にすると長いですが、基本的に数回のクリックなので簡単に同期が取れます。

iOS5+iCloudになったら、この辺をすべて自動化してくれるんですかねー?