愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPad2レビュー│ワイヤレス・キーボードを接続

この土日で、iPadの設定をいろいろやりました。

ほかにもいろいろやることあるのにiPadにかかりっきり(^^;

 

ということで、

まずはワイヤレス・キーボードの接続についてレビューです。

Apple Wireless Keyboardを接続しました。iMacのヤツ。ちなみに接続方法はBluetoothです。

 

打ってみます。

おお……文字入力がめっちゃラクに!

このエントリーもiPadで書いてます!

 

これであとは、マウスを接続方法したらまんまパソコンですねー。アップルのMagic Mouseとか接続方法できるのかしらん? と思って調べてみたら、デフォルトではできないけど、アプリを介在することで接続できるそうです。>> 動画がありました

カーソル出現にアプリが必要なんでしょうね。

Magic Mouseどこいったっけかなー? iMacについてきたヤツ。かっこいいけど、仕事で使うにはさすがに不便なので使ってなかったんですわ。

見つけたら接続してみよう。……まぁ、タッチパネルのiPadにマウスつけるというのも意味不明といえば意味不明ですが、ワイヤレス・キーボード使うと、手がついつい右側に動いてしまうんで(^^;

 

話を戻して、以下ワイヤレス・キーボードの使用感についてです。

 

◆動作は?

動作はほどよいです。わずかに不具合が残りますが気にならないレベル。

音楽を再生しながら、

メモアプリで文章を書いても止まりません(⌒▽⌒)

 

◆不具合について

ソフトウェア・キーボードとワイヤレス・キーボードの競合が希に起こります。

ワイヤレス・キーボード使用時は、基本、ソフトウェア・キーボードは出てきませんが、メモアプリの場合、アプリを切り替えて元に戻した時に妙な画面になるのです。

その妙な画面とは、ソフトウェア・キーボードは出てこないのに、そこのスペースだけ隙間ができてしまいます。

本来はこんなに長文なのに……

↓↓↓

文章が……!

↓↓↓

ソフトウェア・キーボードの領域分、文章が見切れているのです。

カーソルを動かせば文章は元に戻りますが、最初は消えたのかと思ってビビりました(^^;

 

◆ファンクションキーも使えます

Apple Wireless Keyboardでしたら、音楽の再生停止などの操作・画面光量の調節・音量ボリュームなどファンクションキーが使えます。さすがにDashboardやExpos?などのボタンは反応しませんが。

 

◆ほしいボタン

ワイヤレス・キーボードに、iPadのホームボタン機能があるといいんですけどね。iMacの場合、コマンドキー+F3でデスクトップ表示だから、iPadも同じ打弦でホーム画面を表示してほしいものです。

あとコマンドキー+tabキーでアプリ切り替えもできるようになってほしいです。

 

◆Webを参照しながら執筆も

マルチタスクはかなり便利。同じ画面に表示はさせられないものの、ホームボタンを二度押しすればスッと切り替わってくれます。ネットで参照しながらの文章執筆もそこそこいけます。

このエントリーも、『Dashboard』『Expos?』などのスペルわからなかったので、ネットで調べて文章にコピペしてます。

 

◆微妙な操作性はちょっと違う

細かな動作がiMacと微妙に違うので、その辺はちょっと不便でしょうか。たとえば、Enterボタンの打弦回数が微妙に違って誤変換したり、バックスペース・ショートカットが使えなかったり。

 

◆IEMは?

IEM(日本語変換機能)はお世辞にもよいとは言えませんね(^^;?

ずーっとATOK使ってきたから実感なかったけど、ATOKってすごく優秀だったんですねぇ……

それにユーザー辞書がぜんぜん使えないのが超厄介。PC使い始めてからこっち12年来、Windows時代からこつこつ育て上げた辞書ですから。

iPad用のATOKが売ってた気がしたので調べてみたところ、2011年6月現在は、デフォのIEMが置き換わるのではなくエディタとして提供するのみでした。しかもiPhone用のアプリが『iPadでも使えます』というだけの代物ようで。残念。

せめて、助詞助動詞を含む単語を変換第一候補とするのはやめてほしい……。いちおぅ学習機能なのでしょうが……。

『私がはiPadはが好きです』とか誤変換してしまいます。

 

◆iMacと共有すると?

iPadとiMacでワイヤレス・キーボードを共有で、どちらも起動させていたらどうなるのか試してみました。

[iPadで使用中の場合]

iPadで接続解除(スリープ状態ではダメ) → iMacで再接続設定

[iMacで使用中の場合]

iMacで接続解除、もしくは電源OFF → iPadで再接続設定(しかもこの時はペアリングからしないとダメ)

ということで意外と手間です。なので共有するのはちょっと現実的じゃないですね。ワイヤレス・キーボードをiPadでがっつり使うなら、2台目を購入したほうがよいでしょう。

 

というわけで、長々とレビューでした。

結論としては、長文執筆にも耐えうると思いますが、編集・清書は不向きでしょう。一文字一文字修正するような作業は、タッチパネルよりマウスのほうが早いですし、なにより漢字の変換効率はiMac+ATOK圧勝です。出先でザッと原稿書いたら、家に戻ってきて編集ですね。

メールとか書くのならよいでしょう。メール程度で、重たいMacBook Proを常に担いで外出するのはしんどいですから(^^;