愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

自炊書籍のメリットとは?

友達に「ドキュメントスキャナはすごいけど、やっぱり紙の方がよくない?」と聞かれたので、紙書籍を電子化する際のメリットをまとめてみました。

 

1.場所を取らない

紙書籍最大の問題は『場所』だと思います。地下に何十坪もの保管スペースでもあれば別ですが、アパートやマンションで蔵書を保管し続けるのは実質不可能です。押し入れにいれていたとしても、すぐに閲覧可能でないのなら、それは蔵書ではなく死蔵です。

しかもマンガは、あっという間に30巻40巻と増殖しやがります(^^;

ましてや賃貸なら、いつかは必ず引っ越すわけですし。この数年間、妙に引っ越しが多かった身としては、いったい何度書籍を梱包したことやら……(ToT)

独身なので、荷物の半分以上が書籍デスヨ。この書籍がなくなれば、引っ越し屋さんの値段も1万円くらいさがるんじゃないかしら?

本棚だって、場所を取るばかりか意外とお高いんです。ちょっとデカイ本棚を買おうと思ったら数万円はいきますし、しかも不要になったときリサイクルできません。(本棚自体、どこのリサイクルショップでも敬遠されがち。しかもデカイとなると……)

かつ、引っ越しで本棚を持っていくのも大変です。以前、本棚でかすぎて玄関から出せなかったということもありましたし(^^;

 

2.倒壊しない

当然、自炊書籍は地震でも倒壊しません。最悪、ハードディスクが落ちるくらいでしょう。今回、スキャナと裁断機を新調したそもそものキッカケも、部屋があんなことになったからですし。

ちなみに、本棚と外付HDDの大きさをイメージしてみてください。省スペース化は圧倒的でしょう?

 

3.痛まない

今回、試しに古いマンガを電子化してみましたが、久しぶりに開いてみてびっくり。

ページが色あせてもぅ真っ黄色ですよ。よく考えたらこのマンガ、高3の時に買ったんだった。

電子化すれば、本が傷むこともありません。

 

4.整理が簡単

マンガはとくにそう。デカイ本棚にしまっておいても「続刊は何巻からだっけ?」といちいち探さねばなりませんし、巻数毎に指しておかないと見逃しますし、本棚に戻すのも意外とめんどいし。

とくに、巻数毎・ジャンル毎に分けるのがめんどい。一般書なんて、ジャンル毎に並べるのはすでにあきらめてましたし。

これが自炊書籍なら、指先だけで整理でき、一覧性も抜群というスグレモノです。

 

5.IT系技術書はことさら電子化

『Photoshopの使い方』とか『Dreamweaver逆引き辞典』とかの技術書や専門書は、ことさら電子化したほうがよいです。

第一に、技術書は熟読するものではありません。辞書的に使うものなので、電子化してOCRで文字埋め込みしたほうが検索できて超便利です。

第二に、仮に熟読するにしても、PCモニター内にページがあった方が超見やすいです。Photoshopのキャプチャーページを見ながら、そのすぐ横で実際にPhotoshopを操作できるのは感激ですよ。「ページが閉じちゃった」とか「書籍を開いておくスペースがない」とか「首が疲れる」とか悩まなくて済みます。

つまり、PC作業のための資料は電子化したほうがおしなべて便利。たとえばFAXで送られてきた作業指示書とか、CGを描く際のポーズ集など資料とか。

そのうち全ての技術書が電子書籍になり、キャプチャー画像は動画になって、アプリのバージョンが変わったら廉価でバージョンアップ版を配本してくれる──そうなったらいいな。

 

6.捨てるならスキャン

今までは、不要になった書籍はやむを得ず処分してましたが、これからは電子化してから処分。コンテンツを抽出しておけば、もったいない気分が霧散します。

 

7.雑誌などの保存には抜群

雑誌を集めている人は、読み終わった雑誌を電子化すると上記の通り便利&快適です。

コンテンツをモノとして所有する時代はもう終わりました♪(´ε` )

ちなみに、ぼくが定期購読している雑誌はPDF配信されるようになったので、そっちに切り替え自炊するまでもなくデータできます。で、読みたいページをプリントアウトしてお風呂で読んでます。

 

8.再読はiPadなどで

そうはいっても紙書籍の利点だってもちろんあるわけで、目が疲れず、印刷も綺麗で、1コンテンツあたりの俯瞰性(書籍の全体像を把握しつつ読書すると理解度が上がります)は、紙書籍のほうが優れているわけです。

なので、何が何でも電子化すればいいというわけではなく、使い分けるのが賢いやり方だなと。

未読本は今後も紙書籍で読むつもりです。で、いちど読んだ蔵書はどんどん電子化して、省スペース化&地震対策をしようという算段です。

マンガは別として、一般書籍の場合、いちど読んだ書籍を再読するのはそうそうありません。辞書的な使い方をすることがほとんどです。そういう場合は自炊書籍のほうが遙かに便利で、OCRかけて検索できるようにすればいい。

万が一再読したくなったらiPadなどで再読しましょう。1冊くらい自炊書籍で読んでも目が悪くなったりしないし、いちど読んでるから俯瞰性もつかめてますし、iPadやソニーリーダーならゴロ寝して読めますし。(ただ、ソニーリーダーは画面が小さいので、大きいサイズのほうでも文字が小さすぎるかも)

 

とまぁ、自炊書籍のメリットはこんなにもあるわけです。

とにもかくにも、お部屋がスッキリするのが何よりも嬉しい。

そんなわけで、今日もコツコツ自炊します(^^)