愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

東日本大震災後の都内コンビニからモノがなくなったのにはビックリ

東京でも、夜はまだ冷えますね。

節電のため、エアコンはつけず上着とマフラーしてPCに向かってますが、被災地はそれどころの寒さじゃないんだろうと思います。

原発が非常に気になるところではありますが、被曝・爆破を顧みず作業に徹する人たちにはもう頭が上がりません。

すでに2度の爆発が起きているわけで、起きること前提でなお作業にあたっているわけですからその覚悟たるや想像を絶します。

ぼくができることは、使ってない電気やモニターを消すことくらいですねぇ……。

 

それにしても、原子炉の構造を、ほんの数日でこれほどまでに詳しくなった国民もいないんじゃないでしょうか。

核燃料の冷却に『水』を使っているなんて知りませんでしたし。

意外と原始的な手段なんだなぁ……。もっとこう、何かの薬品とかで一気に熱を取ったりするのかと思いました。(3月15日追記:いろんな薬品を混ぜてはいるようですね)

 

それと、被災地とは比べるべくもないですが、東京も物資が足りなくなって少し騒がれてます。

確かに震災翌日から、コンビニからモノが消えたのはびっくり。あれほど溢れていたモノが、一気に姿を消したのには驚愕でした。

物流が途絶えると、たった1日でモノがなくなるんだなぁとびっくりです。ヒトの作ったシステムの脆弱性を見た!というか。

でもまぁそれでも、保存食はたくさんあるわけだし、ファミレスも定食屋も飲み屋もまだ営業しているわけで、買いだめするほどではないと思うんですが。

店頭からどれだけ食べ物がなくなろうとも、被災地でもないので飢えたりはしないでしょう。水が止まったらさすがに困るけど。

 

とにもかくにも、うだうだ心配しててもしょうがないので、こちらはこちらでできることを粛々とやっていきましょうかね?

腰もだいぶ良くなってきたし、明日から本格的に事務所の片付けをしようと思います。