愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

東日本大震災、本棚が倒壊してパソコンが壊れて……(ToT)

さて。大震災から3日目となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

うちの家系は、北海道・東北出身なもんでヒヤリとしましたが、親戚一同みんな無事でほっとしました。

ってこれ書いてる今まさにゆれてます。こわぁ……

実家の埼玉でも震度6と、少なくともぼくが住んでた二十数年の中では最高震度だったもんで、ただでさえごちゃごちゃと片付いてない実家だから結構なダメージを受けたかと思いきや、まったく被害がなかったそうです。妹が慌てて食器棚押さえたそうですが。

隠れろよ!?

 

とにもかくにもみんな無事で一安心。親戚のいる青森は、物的被害がけっこう出てしまっているようですが、ばあちゃんもピンピンしているとのことで胸をなで下ろしました。

それに、一連の大地震の中では東京がいちばん被害少なそうだから、実家に帰るよか東京にいたほうが安全そうです。

 

……にもかかわらず。

うちの事務所は壊滅状態となりました(ToT)

本棚始め、ほとんどのモノが倒壊・落下。あっという間に『震災後のコンビニ』状態です。

それがこちら(ToT)

ぼく自身、地震のときはたまたま買い物に出かけていたので、まったくもって無事でした。っていうか普段から事務所に引きこもりっぱなしなのに、こういうときだけ外に出ていたのは不幸中の幸いというかなんというか……

地面を歩いてると揺れをさほど感じないものですね。近くのビルから会社員の皆さんが慌てて出てくるのを見て、ハテ?と思った程度でした。そういえばまっすぐ歩けないような……(つか鈍感)

どうも周囲がざわついているので立ち止まってみると「おお……揺れてる揺れてる」と思ったわけですが、こんどは周囲の人々が、3軒向こうにある建設中の高層ビルを見上げています。なんだろう?と思ってぼくも見上げてみれば……。

 

揺れてる揺れてる!

 

建設中のビル屋上に設置された巨大クレーンが、台風にしなる竹のごとく揺れてます! っていうか揺れすぎ!!!

さすがに怖くなって、思わず後ずさりましたよ。

本当に倒壊するんじゃないかと思ったんですが、倒壊はなんとか免れました。大量の綿埃が舞い散ってきましたが。

 

で、ふと気づいたわけです。

地上はたいしたことなくても、高層階は倍以上揺れるわけで。

うちの事務所は9Fです。

本棚がヤバイ!!!

 

しかも、しかもデスヨ。

ちょっと遅めの昼を取ってからの外出だったのですが、昼食は事務所内のソファーでとり、そのローテーブルにMacBook Pro(ノートPC)をおいて、いわんやアニメを堪能してまして。

普段なら、MacBook Proは机の上に置いているというのに、そういうときに限ってローテーブルに置きっぱなしで外出してしまい、ローテーブルは、本棚の直下。

祈るような気持ちで事務所に戻るも、エレベーターが停止で9Fに上がれず。

余震が続く状況で建物に入るはためらわれたので、近所の芝公園に1時間ほど非難してから戻るも、エレベーター復旧の見込みが立たず、しょうがないから運動不足かつ腰痛の体にむち打って9Fまで階段で上ってきてみれば。

 

ああ……約3年前、共に火事すら乗り切った戦友は、無残な姿に(ToT)

ディスプレイ部分に本棚直撃して、ものの見事にひしゃげました。

あと、キーもいくつかはげ落ちてます。

 

とりあえず、電源を入れてみました。

爆発しそうだったんで、すぐに強制シャットダウンしましたが。

「二度と電源はいれないでください!」と、のちにアップルストアの人に怒られました(^^;

 

Macはじめ部屋の惨状を見たとき、思わず買い物の荷物を落としましたよ。人間、本気で呆然とすると本当に手荷物を落とすんですね。

まぁなんというか、あのクレーン車みた時点で、MacBook Proのたどる運命は予想していたので、ある意味あきらめも付いたのですけど。

震災後の事務所でふと顔を上げてみると。

あれ?

机の上のiMacもない。

まさか!!!

総重量9.3kgのiMac 27inchが、高さ約70cmの机から、あっさりと転げ落ちているではありませんか……

こっちは想定外デスヨ!

脇目もふらずiMacを拾い上げると、寝室の電源コードに慌てて差し込み、祈るような気持ちで電源をつけてみる。

起動しねぇ!!!(゚Д゚)

あああ……本体並びにAdobe始め各種ソフトふくめ総費用70万を越える仕事道具が……っていうかまだローン払い終わってないっつーの!?

真っ青になって、もう一度スイッチを押してみると。

なんと、

うぃ〜ん

という聞き慣れた福音が!!!

 

いや、よくよく考えてみると、iMacって電源コード差し込んだ直後は起動しないんでした。数秒のタイムラグがあるわけで。

いやもぅゾッとしましたよ。

結論をいえば、iMac、多少汚れはしましたが、拭き取ったらすべて綺麗に落ちまして。

ハードディスク・ソリッドステートの両ドライブも損傷なし。

27インチもの巨大ディスプレイも、防弾ガラスか何かですかと思うほど、割れ・キズ一切なし。

つまり、まったくもって異常なし。

まさに鉄鋼の塊! 本当にキズひとつついてません。

逆に床が凹みましたよ。(大家さんになんていおう……)

こんなに丈夫だとは思いませんでした。

まぁ二度と落としたりしたくないですケド……。

 

データ自体は、iMac-MacBook Pro間による同期のほか、Time Capsuleも導入してるので、エヴァ的にいえば、正・副・予備の3系統でバックアップを取っているため、そう簡単に飛んだりはしないですが。

MacBook Proだって3年使ったとはいえ当時45万円はしてるんです。これがパーになって、さらに新品のiMacまでおシャカになったらと思うとゾッとします。

それに地震だと、バックアップ機器すべてがキケンにさらされる……ということが分かりました……。自然災害には意味ないです。それこそ、海外サーバーにでもデータ移しとかないと。

 

とまぁそんな状況だったんで、震災直後の金曜日は、避難したりに連絡したり返信したりニュースみたりで、半日業務停止に。

昨日土曜日は、脱力感まんさいに加えて腰痛再発でほとんど寝たきり。っていうか昼から酒飲んでふて寝(^^;

今日日曜日に、とりあえずデスク上の散乱したモノをはじに寄せて、無事だったiMacをひとまず設置して起動。ブログを書いてみた次第です。

なんとか明日から仕事は再開できるかー。足の踏み場もない惨状は、少しずつ片付けていくしかないですね。

 

まぁでも、車失ったり家失ったりいている人が大勢いる中で、PC1台と腰痛再発程度で済んだわけですから贅沢はいってられません。

ちなみにMacBook Proは、損傷がディスプレイのみであれば、修理は12万6000円だそうです。……それって新品買った方がよくない?(さっき戦友とかいっといて(^^;)

でも、常にネックになるのが、PC本体よりもソフトなんですよねぇ……Adobe、あんなに高いんだからせめて3台分のライセンスくらいつけてよ……

 

しかしほんと、火事の次は地震デスヨ。人生の怖いものベスト5のうち、この3年で2つを経験しましたねぇ。震源地でないとはいえ。

次は感電に気をつけないとね……

ああ……またゆれてる……