愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

IE8の互換表示機能にもの申す

Internet Explorer 8(Windowsの標準ブラウザ、以下IE)に『互換機能』というものがあるそうです。たぶん、普通の人は知るよしもない機能でしょうけれども。ぼくも最近しりましたし。

っていうか互換機能って何?と思って、こちらの説明サイトを見てみれば。

いわく……

『かつてない驚異の機能』

『上手く表示されないサイトに出会うこともある』

『互換表示ボタンをクリックすると(レイアウトが直って)快適に閲覧できる』

……とのこと。

この説明に、せめて一矢報いたい。

 

ふざけんなーーー!!!

 

W3Cが定めるWeb標準に準拠してコーディングしても、きちんとレイアウトしてくれないのはIEのほうでしょうが!!!

IE5/6/7……と、うんざりするほどさんざんCSSの解釈を間違えまくってきて、IE8だって「マシにはなった」というレベルなのに、ここに来て驚異の機能!? 上手く表示されないこともある!? いわんや互換表示ボタンを押せばレイアウトが直せる!!?

どれもこれもすべて、IEがCSSのレンダリングをバグしまくってるから起きた現象でしょうが!!!

 

『かつてない驚異の機能』

→ただ単に、自分の尻ぬぐいをしているだけ。そりゃ『かつてない』ですよ。他のブラウザには必要ないんだから(爆)

 

『上手く表示されないサイトに出会うこともある』

→IE以外はちゃんと表示できてる。

 

『互換表示ボタンをクリックすると快適に閲覧できる』

→あたかもサイト制作側が悪いかのような、このものいいよう! バグだらけのIEに対応させるために、制作側がいったいどれほどの工数を費やしてきたと思ってるんだっつーの!!? バグを利用してバグを修正するなんて神業だっつーの!!! (CSSハックを見つけた人は本当に偉大デス)

 

(゚Д゚)これだからマイクロソフトは大嫌いなんだーーー!!!