愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

無線LANでネットが遅いなら、原因は『ブリッジ設定されてないから』かもよ?

先ほどまで気づかなかったんですが、ぢつは、無線LANにしてからこの数年間、ずーーーーっとネット回線がトラブっていました(゚Д゚)

 

NTTから配布されてる光回線終端装置とMacとを直結すると、70Mbpsくらいの速度が出るのに、無線LANのTime Capsule経由だと30Mbps前後しかでず、おかしいな?とは思ってたのです。

しかし「無線ってずいぶん速度が減衰するんだな」くらいにしか思ってませんでした。

あと『ネットの特殊な機能』が使えなかったりして、たとえばブログなら、なぜか『エディタ機能』が使えなかったんですこのところずっと。でも「ブラウザの調子が悪いな」と思ってたくらいで、回線速度自体に影響が出ているとは思いもよらなかったのです!

今まではそれでもなんとか使えてたんですが、ここ1ヶ月くらいでさらに遅くなってAppleCareサポートに電話してみたところ。

Safariのリセット…Macのリセット…IPアドレスの変更になんとかの設定にと…実に1時間に及ぶ格闘の末(^^;

 

いろいろ色々いっっっろいろやった結果、光回線終端装置のルーター機能とTime Capsuleのルーター機能とが競合してて、それが回線速度減衰の原因であることが判明! さらにはだからこそ『ネットの特殊な機能』も使えないことも判明!!

この場合、解決策の一つとしてTime Capsule側をブリッジ設定というのにするってことで──

 

そんなことわかるかいな!?

 

あ、いや。対応してくれたサポートの方には大感謝です。よくぞ電話で、ここまでの原因を突き止めて頂きましたって感じです。

いきどおりを感じるのは、ネット接続のこの複雑さですわな。

電気のようにコンセントつないだらすぐに繋がる──そのような仕様にしてくださいまじで。

テレビでネットとかできるようになったら、このままではお茶の間でトラブル続出かもですねぇ。

 

トラブル解消した結果、30Mbpsしか出なかった無線接続は60Mbps出るようになりました(^^)

ブログの管理画面もさくさく動くなぁ。