愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPadの実機を触ってきました

打ち合わせの帰りに有楽町によってきました。

で、店頭にiPadの実機があったんで始めて触ってみました。

もはや「すげぇ!」の一言。

基本、iPhoneがでかくなっただけなんですけど、ディスプレイがでかくなるだけで、こうも印象が違うとは。

まず『モノを持つ喜び』とでもいうんでしょうか。

このモノが溢れ返ってる時代に、手に触れる喜びを生み出せるアップルはすごいと思いました。持っているだけで楽しい・操作しているだけで楽しい。

iPhone3Gは購入時からフリーズしまくりだったんで、操作感は非常にストレス溜まりましたが、iPadはスムーズに動くようですね。

ついでにiPhone4も触ってみましたが、操作感がえらくスムーズになってました。これだったらストレスを感じなくていいですね。

ちなみに、iPhone3G(旧型)に最新版OS『iOS4』を入れると操作感がますます鈍くなりました…(分かってたけどインストールせずにはいられなかった…)

 

iPadに話を戻して、個人的には思ったよりも小振りでした。重さはまぁ致し方ないかなと。

 

iBooksも秀逸です。

まるで、ガラス越しに書籍を見ているかのよう。

とくにWindowsユーザーは、常日頃ヒドイフォントにならされているでしょうから驚きの美しさなのでは?(元Winユーザー談)

ページめくりのアニメーションもおもしろいです。ついついめくっちゃいます。

 

今まで、Kindleのような反射光ディスプレイに憧れてましたが、iPadのような直接光ディスプレイでも、よくよく考えてみれば、背景黒にして文字を白にすれば目への負担は激減すると思われます。

モニター上の白色って光が強すぎて疲れるんです。

だからぼくの場合、PCでも、テキストエディタは背景薄緑にして目への負担をなるべく少なくしてます。

iPadは、ディスプレイの中に書籍が埋まっているかのような表示になりますから、ページが真っ黒で文字白だと最初は違和感あるでしょうけれども、まぁそのうち慣れるのではないかなと。

あ、でもマンガは問題だよなぁ…。(マンガは致し方ないか)

あとはフリガナとか縦書きとか傍点とか、日本語の細かい問題はいろいろあるでしょうけれども、ソフトの問題ならそのうち対応してくれるんじゃないかなと。(でもpagesは対応してないなぁ…)

 

そう考えると、いよいよ電子ペーパーの出る幕がなくなるかなと…

本体の無償配布でもしてほしいなぁ。でもそんなことするならiPad版Kindleで十分かしら…

 

しかししかし。

相変わらずiPad最大の問題は…

何度も繰り返しているとおり、ここまでの大きさとスペックがありながら、なんでflash対応じゃないのやら…

iPhoneは、まぁ百歩譲って小さいから、flashが見られなくても仕方がないか…くらいですみますけど、iPadはあそこまで表示領域あるんだから、flashが見られないことには逆に違和感を覚えます。

flashさえ見られれば即買うのになぁ…