愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

電子書籍アレコレ

いま電子書籍の本を何冊か読んでます。

まずなによりも。

デジタル化することで、従来の書籍企画とはまったく違うことができそうだなと思いました。

 

たとえば、PhotoshopとかDreamweaverとかの技術書を電子書籍で作るのなら、操作方法を解説する従来の画面キャプチャー画像はぜひ動画にしてほしいです。

前に、技術書を書いたことがあるんですけど(残念ながら出版中止になってしまいましたが…)、画面キャプチャーの制作ってめちゃくちゃ大変でした。

でも動画だったら画面上で操作するだけ。あとはテロップ入れるくらいでしょうか。逆に、制作がとても簡単になる気がします。

 

はたまたエンタメコンテンツ。

ケータイマンガだと、バイブなったり書き文字が動いたりしますが、あれはなんかどーも違和感を感じます。マンガという表現はすでに完成しているのかもしれません。それをさらに飾り立てると違和感がでる…みたいな。

マンガは、単純な話、オールカラーを待望! オールとまではいわなくても、カラー原稿はそのまんまカラーで電子書籍作るのはぜんぜん問題ないと思われます。

あとは、ラノベの挿絵がプチアニメになってるとか。めっちゃ予算食いそうだけど…

 

細かいところでは、後から修正が簡単なので、誤字脱字も、従来のように目をさらにして探す必要もなくなるかもしれません。ということは校正は、プログラム+素人目でもいいかなと。

書籍にバージョン表示とかついたりして。誤字脱字修正したマイナーチェンジは当然無料で配本します。

 

参加型のインタラクティブ(双方向)企画なんてのもありえそう。まぁそうなるとネットでいいかって気もしますが。

 

次にビュアーのお話。

amazonのKindleは、ビュアーとしては、やはりiPodには一歩およばない印象ですね。イーインクという技術で、文字が反射光で読める画面は捨てがたいと思うものの…

 

反射光というのは『外部の光で文字を読む』ということです。つまり紙と同じ感覚で読めます。逆をいえば、真っ暗な部屋だともちろん読めません。

直接光は、画面が光るので目が疲れるのです。PC始め、iPadもiPhoneも直接光です。

 

話戻して、amazonはあくまでも小売店でしょうから、Kindleは無償配布しちゃえばいいのに、とか思います。採算取れるかどうかは知りませんが(^^;

というか無償配布しても採算取れるようがんばってほしい。

アップルはやっぱりハードメーカーですから、iPadで利益を出したいでしょうし。もはやMacOSがなりを潜めてしまい(ケータイOSには、ついに『Mac』の名前がつかなかった!)、ソフトメーカーというよりはハードメーカーという印象のほうが強いです。

Kindleストアで30%のマージンをamazonが取れるというのは、紙書籍のマージンよりいいはず。

紙書籍は取り次ぎが8%で書店が22%のマージンだそうなので。amazonはこれより優遇されているかもしれませんが、紙書籍より電子書籍が利益率悪いということちょっと考えられません。

しかも倉庫代は遙かに安い。サーバー代はかかるけど、今後ますます安くなるのに対して、土地代はどんなに僻地でも限りがあるし、配送を考えれば、あまり僻地にいくわけにもいかないわけです。都市部路面店よりぜんぜん安いというだけで、サーバーより安くすむ倉庫というのも考えられない。サーバー設置する土地代なら、それこそ僻地でいけますし。

だから紙書籍より電子書籍が売れた方がamazonは利益になるんじゃないでしょうか?

Kindleを数万円で販売するのであれば、反射光ディスプレイであっても、やっぱりマルチメディア対応できるようにしないと、iPadにはやはり勝てないかなーとか思います。デザインでは太刀打ちできないでしょうし…

 

とまぁうだうだと電子書籍のことをアレコレ考えてみました。

とにかく電子書籍のインフラが整えば、その気になれば誰もが商業出版をできるようになります。

『その気になれば』と書いたのは、著者一人で、企画・執筆・編集・校正・装丁、そしてなにより販促活動をこなすことができれば、という前提があるからですが。

でもそんな難しいことではなく、日本ではすでに同人誌という最先端メディアがあるわけで、やろうと思えばやれるわけです。同人誌は大半が赤字でしょうけれども、電子化すれば、トントンには収まる人も増えるんじゃないかなと。なにせ印刷代かかりませんから。

 

そんなことをいろいろ夢膨らませてる最近です。