愉快系

どぉでもいい感じの愉快な日常をお届け〜。具体的にはアニメ的な?

iPhone 4 とかiPadとか

とにもかくにも業務にならないのでニューマシンを買うってことで、断腸の思いで決めましたが(またもや余計な出費…)、従来どおりノート(MacBook Pro)を買うか、この仕事やってるのになにげに初めてのタワー(Mac Pro)を買うかで迷ってます。

っていうかiPhone 4 やらiPadやらで賑わっているというのに、フツーにパソコン買わざるを得ないって、なんだかもの悲しくなってきますが…(ToT)

タワーの場合、スペックを追求したらきりがないです。

Mac Proの場合、最高スペックを搭載すると、本体価格だけで130万円です。ありえなーい(゚Д゚)

 

あとさすがに学びました。

どぉせ2,3年で壊れるんだったら、そもそも最高スペックいらなくない?…と。

3年に1度、その時々のデフォルトスペックで買い直した方が、遙かに早く、遙かに安定したマシンが手に入るのでは?

いわゆるマシンチェンジ!(なんかかっこいい響き…)

 

何かの本にもそんなこと書いてあったのを思い出した次第です。

今までは、最高スペックにこだわって、徹底的に積み込んでは裏切られてきたから、今度こそ、そこそこのマシンにしよう! 壊れるの前提で買えばいいのです!!!

…それって製品品質としてどうなのよ、という問題はさておき。

 

であるならば、やっぱりタワーのほうがお得です。ノートは、ダウンサイジングにお金かかってる分、スペックが犠牲になってますし。

それに、今のノートも動かないわけではないですし。たぶん、オーバーホール出せば、まだまだ動くと思うんですよね。しかしそもそも、オーバーホールに出したら仕事できないですから、もう1台必要なのです。

 

さらに、すぐ壊れる本体にお金をかけるより、周辺機器やソフトにお金掛けた方がいいかも! とくにディスプレイは30インチのを前々からずっとほしかったし。そうしたら、いまの22インチとデュアルで、合計52インチのモニターに! そしたらたぶん作業効率あがります。

ディスプレイの表示領域は、例えるなら机の広さのようなものなので、たくさん書類を広げられたほうが効率よいように、様々なファイルを展開できたほうが便利なのです。

ちなみに今は、22インチ+ノート15インチのデュアルで合計37インチだから、52インチにすると約1.7倍広がります。

 

あとは、いくつか必要なソフトを取りそろえます。特にAdobe系は一新する必要アリ(ToT) OSのバージョンが上がってしまったので。振り返ってみれば、Snow Leopardに、CS3を無理矢理走らせてから動作不安定になってきたんですよねぇ…。バージョンアップしなけりゃよかった(ToT)

 

よーし、時間つくってアップルストアにいってこよー。